はじめての方でもお気軽にご相談ください

予防を徹底

産後の女性がなりやすいうつ

うつ病と聞くと仕事でプレッシャーの多い業務に就くことの多い男性に多いというイメージを持っているという人もいるかもしれませんが、実は一概にそうとは言い切れません。 というのも、最近では主に女性がなる、産後うつになる人の数も増えてきているのです。産後うつとはうつ病の症状とほぼ同じ症状が現れるもので、産後のホルモンバランスの崩れや疲れ、子育てに対するプレッシャーが原因になるケースがほとんどです。 産後うつはうつ病同様、真面目な人ほどなりやすい傾向にあり、イレギュラーなことが起きやすい子育てにおいても完璧性を求めてしまうが故に状態が悪化しやすくなっていきます。 もちろん、周りが助けに入ればいいことなのですが、核家族化が進む昨今でそれが難しいという家庭も少なくはないのです。

その具体的な予防策について

産後うつにならないための予防策としてベストな方法は、何と言っても自分のよき理解者を作るという点です。それは夫でも家族でも、友人でも構いません。少しでも自分の意見を聞き入れて、それに納得してくれるような相手を探しておくことで、それがストレス発散に繋がっていきますし、外との関わりが極端に少なくなる産後にはかなりの助けとなるのです。 もしも近くに頼れる家族がいるのであれば、遠慮はせず存分に相談に乗ってもらいましょう。そうすることで悩みが解消されるだけではなく、的確なアドバイス、意見も受けることができるでしょう。 さらには、子供を家族などに預けてたまにはリフレッシュするというのも大切です。自分の子供ではあっても四六時中一緒に居るのは意外に気が滅入るものです。ちょっとの買い物の間だけでも構いません。そういった子供から解放される時間を作ってあげることも産後うつの予防には欠かせません。