はじめての方でもお気軽にご相談ください

産後うつの特徴

産後うつの様々な症状

産後うつとは、出産後の女性の10%〜15%以上がかかるうつ病です。その原因は明らかではありませんが、女性ホルモンの急激な変化や、出産や慣れない育児の疲れなどが考えられます。 産後うつは、短い人で一ヶ月、長い人では1〜2年もの長期に渡って症状が出る場合があります。気分が落ち込んでやる気が出なかったり、いつもできていた日常生活がうまくできなくなります。食事を作るのにとても時間がかかってしまったり、家事の段取りがうまくできないなどの症状が現れたり、食欲が無い、眠れない、睡眠が浅いなどの症状もよく見受けられます。 産後うつになりやすい方の傾向としては、完璧主義や真面目な方が多いとされています。共働きの家庭が増え、仕事や家事に追われながらの、妊娠、出産になることも原因の一つではないでしょうか。

防ぐために気をつけること

女性が妊娠や出産という大仕事以外に、仕事や家事に追われる状況は今後も続きそうです。産後うつにならないためにはどうすればいいのでしょうか。 まずは、家事や育児を完璧にできなくて当然と考えましょう。産後の女性は、たとえ元気そうに見える人でも、体は通常に戻っていません。通常どおりの家事ができなくて当たり前です。 ただでさえ大変な産後の時期、家族や周囲の人に協力してもらって乗り切りましょう。協力の得られない人は、無理にやろうとせず、できるだけ体を休めましょう。 今では、インターネットの普及によって、ネットスーパーもありますし、ベビー用品なども、通販で購入できます。うまく活用して、家事の時間を減らし、自分の体を一番に考えましょう。